神戸国際宝飾展(IJK)
神戸国際宝飾展(IJK)
会期: 2017年5月17日(水)~2017年5月19日(金)
会場: 神戸国際展示場
ブース: D5-01

 
 2017年5月17日から19日の3日間、神戸国際展示場において開催されました 第21回 神戸国際宝飾展 ( IJK 2017 ) に出展して参りました。
 宝飾品市場が大きく変化しています。ピーク時には3兆円とも言われた宝飾品市場は1990年半ばには半分に、そして、現在では大幅に縮小されたものとなっています。ジュエリー製品卸売業の年間商品販売額は現在では5930億円となって

おり、年々減少しています。これは昔より我々の業界における流れである、石を輸入し、製品を作り、卸すと言う流れの販売スタイルが大幅に減少してる事を表した形となっています。また宝飾品卸売業の販売額減少に伴い、事業所数が減少し、宝飾品卸売業界で働く従業者数も大幅に減少している様です。若い世代に人気がなく、今後も更に減少が予想される斜陽産業と言える状態となっている様にも思われます。

 しかし、宝飾品卸売業以外のジュエリー製品を取り扱う業種の成長には目を見張るものがあります。二次流通や金融、IT等といった産業からの宝飾品卸売業への参入が多く見られ、各企業とも勢いを感じられます。規模も従来の宝飾品卸売業の企業よりも大きな企業が多く、そこで働く従業者の年齢層も若く、新たな切り口を常に模索し成長を続けている様に思われます。現在のジュエリーショーを見ても10年前とは出展企業の顔

ぶれも大きく変わり、この様な企業の出展が目立ち、また人気も高く集客も多く集めています。現在ではこの様な企業の出展が無いとジュエリーショー自体も成り立たない状態となっていると言えるでしょう。
 今回のジュエリーショーを見ても、この傾向が如実に現れておりこれらの企業に多くの来場者が群がっていました。それにしても今回のジュエリーショーは日本企業のバイヤーの方が例年より

も非常に少なく、現在の日本の宝飾マーケットはかなり低迷してると言う印象を受けました。逆に初日より海外バイヤーの方々は多く来場されており、香港のジュエリーショーのプレセールといっても過言でない程の雰囲気であった様に思われます。直前に開催されていた上海でのジュエリーショーが思いの外好調であったせいもあり、上海でのジュエリーショーに出展されていた中国や台湾といった国の企業のバイヤーの方々も商材の補充に多

く来場されていました。海外バイヤーの方々は余程お値打ちでないと購入されませんが、逆に価格と品質が合えば予算は無制限と言った方々が多く、数日かけて多くの企業を見て回り、比較し購入されていました。その様なバイヤーの方々にお話を伺っても、現在のニーズに合った商材を取り揃えている企業での仕入ればかりされているとの事でした。

 現在では老舗であるから、歴史があるからと旧態依然のスタイルにしがみついているだけでは時代の変化には対応出来ないのでしょう。今後は更に宝飾品卸売業も変化して行くものと思われます。その形は産業や国など様々な垣根を越えたスタイルへと変化して行く事でしょう。また若い世代に人気のある成長産業へと変化しなければ、宝飾品卸売業の未来は無く益々衰退する事が予想されます。当社としましても次なる変化へと取り組み、

お越し頂きました皆様に新たなご提案が出来ればと考えております。景気の低迷期にも関わらず、今回も初日より最終日まで多くの皆様にお越し頂き心よりお礼申し上げます。有難うございました。

年間スケジュール :
×
2022AUGUST
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
営業時間
10:00 ~ 19:00
休業日
 
展示会