シンガポール ジュエリー & ジェムフェア
シンガポール ジュエリー & ジェムフェア
会期: 2016年11月04日(金)~2021年11月07日(日)
会場: シンガポールマリーナベイサンズ
ブース: G109

 2016年11月4日より7日の4日、Marina Bay Sands Singaporeにおいて開催されましたSingapore Jewellery & Gem Fair 2016に出展して参りました。
 ASEAN経済共同体 ( AEC )発足などを背景に東南アジアにおける金融、物流ハブとしての存在感をますます高めているシンガポール、2015年のシンガポール独立50周年に続き今年は日本との外交関係が始まってから50周年というメモリアルイヤーとなっており、これを記念して両国内で

は様々な記念事業や特典を展開しています。10月29、30日にはCome celebrate 50 years of Singapore-Japan Friendship と言うスローガンでSJ50 MATSURIがシンガポールにて開催されました。SJフレンドシップパレードも29日の夜にシンガポール中心部のオーチャード通りで開かれ、徳島や東京から阿波踊りの踊り手達が招待され、浴衣姿のシンガポールの人達も一緒になり両国の人達2000人が阿波踊りを楽しみ、節目の年を祝いました。両国間の交流は大変活発

で、昨年シンガポールを訪れた日本人は約80万人で、シンガポールから日本に訪れた訪日数は約30万人で、シンガポール人の実に10人に1が日本を訪れた事になっています。またシンガポールにおいて日本の文化は広範囲に理解され受け入れられており、日本食の飲食店数は現在では1000店以上あり、日本のマンガやアニメなどのポップカルチャーの人気は若者を中心に非常に高いものとなっています。日本企業の進出もサービス業など幅広い分野で年々増えており、TPPの発足も加

わり今後も増えて行くと考えられています。この様に現在では両国間の交流が大変活発で、両国民間の相互の親近感を持っており良好な関係となっています。今回シンガポールを訪れた際も皆様友好的で親切にして下さいました。
 親日感情を大きく受ける中で開催された今回のジュエリーショーと言えば、前年よりも出展企業が少なくなり、会場も少し規模の縮小された中で開催されました。例年の通りのスロースタートと思いきや、主催者側も集客に力を入れていた様で、

初日の朝は中国からのバイヤーも多く例年よりも賑わっていた様に思われました。会場が狭くなったことから来場者の方々は会場全体をまわられて商品を吟味され、数日間に渡って来場られる方も多かった事から昨年よりも賑わいを見せた様です。シンガポールの方々は安いから購入されると言うよりも、気に入った物があれば価格に関係なく購入され、他のジュエリーショーとは異った印象でした。また、クォリティーにおいても他の国の方々が購入されるラインよりももう一つ上を好まれる様に思われ

ました。次回開催におきましては、更にシンガポールの方々に気に入っていただける商材を取り揃え、皆様方にお会い出来ればと考えております。今回お越し頂きました皆様方には心より御礼申し上げます。有難うございました。

年間スケジュール :
×
2022AUGUST
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
営業時間
10:00 ~ 19:00
休業日
 
展示会